マテハンブログ  
+

いざ、有馬記念へ。

kawasaki2019.12.17

「今年ももう終わりか。」年の瀬を感じると同時に、頼まれてもいない、誰も待っていない”あの記事”を書かねばという正体不明の使命感に駆られます。そう、「有馬記念」。

今年こそ当ててやんよ、こんにゃろめ!

昨年はレイデオロを本命に据えたものの、1着のブラストワンピース、3着のシュヴァルグランをノーマークという、ルールもろくにわからないけど「ラグビー最高!日本最高!ヒャッハァ!」とW杯に乗っかり一時的に盛り上がるミーハーのような外し方に、1年後の今なお思い出すだけで呆然自失します。

現役最強馬アーモンドアイ、参戦

さて今年もグランプリレースに相応しい豪華なメンバー構成となりました。最大の注目はやはり現役最強馬アーモンドアイ(牝4)の参戦でしょう。秋の最強馬決定戦と言っても過言ではない天皇賞(秋)で2着に3馬身差をつける圧勝劇を披露。その後、今月始めの香港カップを目標に調整されていましたが、直前の熱発により回避。その後は、今年のゴルフ界を席巻した渋野日向子ばりの回復力を見せ、急遽この有馬記念へ参戦表明。鞍上は昨年の記事でも絶賛したC.ルメール。過去10年の有馬記念における連対率50%という数字は驚異というよりもはや狂気すら感じます。なんらかのトラブルが起こらない限り、このコンビの1、2着争いは必至でしょう。

そのアーモンドアイに続き、人気を集めることが予想されるリスグラシュー(牝5)。春のグランプリ宝塚記念を制し、続く前走の豪州GIも難なく勝利。この有馬記念がラストランとなり、春秋グランプリ制覇&GI3連勝で有終の美を飾りたい陣営の想いは相当なものでしょう。

穴を狙うならこの馬だ

昨年も述べた通り、このレースは10番人気以下の馬が好走するケースが少なくありません。
性懲りもなく今年もそんな穴馬を紹介していきます。

まずは、レイデオロ(牡5)。昨年の有馬記念2着以来、今年の成績は6着→5着→4着→11着と芳しくありません。前走のジャパンカップでは1番人気に支持されるも、雨馬場に泣かされ不完全燃焼。しかし調教の動きは引き続き良好で、平成の怪物オグリキャップ同様、ジャパンカップ11着からの有馬記念優勝というシナリオが令和でも見られるのではないでしょうか。「今年の漢字」は”令”。”令デオロ”とはうまく行き過ぎか。

シュヴァルグランと佐々木主浩氏

もう1頭あげたいのがこの馬、シュヴァルグラン(牡7)。もうすぐ8歳を迎えピークを過ぎたことは誰の目にも明らか。しかし2年連続この舞台で3着という実績は軽視できません。クロコスミア(エリザベス女王杯)、ペルシアンナイト(マイルCS)と今年は”3年連続”がキーワードだと睨んでいます。キーワードと言えば、当馬は過去、”エリカ“賞に出走した経験を持ち、馬主はあの大魔神こと佐々木主浩さん。妻は元女優の榎本加奈子さんで、彼女といえばそう「家なき子」ですよね。安達祐実さん演じる主人公相沢すずをいじめる木崎”エリカ“を演じ、一躍注目を浴びました。更に大魔神の名にある”浩”という文字。これも今年話題を集めた、”新井◯文“被告とオーバーラップしてなりません。

競馬の1年を締めくくる有馬記念。
今年もあなたの、そして私の夢が走ります。
令和最初のビッグレースにあなたはどの馬に夢を見ますか?

 

※当記事における予想はkawasakiによる個人的見解です。記事を参考に不利益を被られた場合の責任は一切負いかねます。

ブログを書いたスタッフ

大阪RUセンター
kawasaki
元競走馬の担当員、元Webコンサルティング会社のアナリスト、元スイーツのECショップ店長、元メーカーの人事総務という異色の経歴を持つ何でも屋。趣味はマラソンと競馬と日本酒。
TOP